健太とアジアアロワナの物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 六列目発色開始!!!

<<   作成日時 : 2008/04/05 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

今日ワイブル君の鱗の観察をしていたところ6列目にちらほら発色が・・・・・

ついに巻き始めるのか・・・・・・・

画像



続きを読む前に応援のワンクリックお願いします!!にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ

昨日は一位だったのに今日の朝見たら・・・・・シクシク・・応援お願いします!!




いよいよ桜が咲き始めたころ、我が家のワイブル君も6列目発色し始めました!!


やはり、過背金龍なら背中はまいてほしいと思うのがあたりまえでしょう!!

しかしながら藍底も細郭もいじしてほしい・・・(本音)

藍底と細郭に関しては、飼育者の努力というものよりそのアロワナの素質がほとんですから期待してまつしかないですね・・・・・・


画像


一応やれることはやってるつもりです!そしてこれからも努力は
しますが金がバキバキになっても藍底維持してくれても私が愛情注いだアロワナにはかわりありませんのでいいのですが。。。。

でも藍底さいこうですね!!!(しつこいですね・・・)

画像


この写真はブログ開設当初のものです!

画像


コレは今日の写真です!!

体長も大きくなるにつれて細郭も若干太くなってしまいましたが、藍底に関しては青に深みが増し、綺麗になったように感じます!!

大黒堂さんの特殊ワームから始まった私の餌での藍底色揚げですが効果は確かなものだと思います!!

そして今の私の考えでは、それ以外にも水質、水温、周りの色などによってかなりの違いが現れてくるのもたしかですね・・・


アロワナはかなり頭の良い魚ですので、飼育者も気を使いつつ、アロワナ本来の素質をひきだしてあげることが一番の色揚げだと私は最近思いました!!



モチベーションUPのためにもワンクリックお願いします!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どんな個体に育とううと、愛情に勝るものは無し!ですよね。
わかります。
私の紅金も目が飛び出してしまったのですが、やっぱ気になりません。【と言うのは嘘!】
愛情もって育ててるから、関係なぁい。
あくまで、こうなって欲しいと言う理想ですよね〜(^O^)

金のあがり、細核の細さ、藍低の濃さ、理想です。…


大黒堂さんのワームの事で質問〜m(__)m
金用、赤用のワームと特殊ワームと言うのはまた違う物なんですか?
紅金
2008/04/06 06:55
紅金さんこんばんわ!!


アロワナ飼育のコツは初心と愛情が一番ですね!!


大黒堂さんのワームについてなのですが、赤、金のワームについてはアカール、テカールという大黒堂さん独自の色揚げ飼料で育て上げられたわーむです!!

特殊ワームについてはそれプラス高濃度のアスタキサンチンでかなりの高濃度栄養にて育て上げられた赤、青に効果のあるワームです!!

詳しいことは大黒堂さんのHPにも書かれていますのでもしよければ見てみてください!
健太
2008/04/06 22:45
はじめて大黒堂さんのHPから来ました

私も最近ジョーホールの藍底の二歳魚飼育はじめて色揚げ期待してますので特殊ワーム試したいと思いますがこのブログみて更に期待してしまいました

これからも拝見しにきますので更新楽しみにしています
アート
2009/09/26 01:34
初めましてZ
りゅうといいます。
楽しく拝見させていただきましたZ

早速ですが、我が家ではペラクブルーゴールデンをかっています。

購入時の写真では青がべったりだったのですが今はかなりいまいちホ

どうやったらこの素晴らしき青をだせますか?

少しでも青をだしたくて書き込みさせていただきました。

返答よろしくお願い致しますZ
りゅう
2010/07/19 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
六列目発色開始!!! 健太とアジアアロワナの物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる